前へ
次へ

腰痛を防ぐ重いものの持ち方を知る

重いものを持った時に腰痛が起きることがあります。慢性的に痛みを持つ人もいれば、ある時突然発症することもあるようです。慢性的な人なら腰にコルセットなどを巻いて少しでも軽減しようとするかもしれません。もちろんコルセットをするのも予防の一つですが、それ以外には持ち方を変えることで腰痛予防につながります。重いものを持つときの正しい方法、間違った方法を知っておけばコルセットをしなくても痛みが出なくなるかもしれません。床にある重いものを持ち上げるときは重いものの下に手を入れます。そしてそれを持ち上げますがこのときの姿勢が重要です。膝を伸ばしたまま腰を曲げて持ち上げようとすると腰に負担がかかり痛みが出やすくなります。このときはひざを曲げてしっかりしゃがみ、腰を伸ばした状態で立ち上がるようにしましょう。しゃがんで立ち上がると足の筋肉を使うため疲れたと感じやすいですが、この方法の方が負担が少なく効率的に物を運ぶことができます。

Page Top